京都の包茎クリニックのランキング

仮性包茎の治し方

仮性包茎の治し方について。

仮性包茎を治すためには自分で治す方法と手術などによる治し方があります。

自分で治す場合には、常に亀頭を露出させておく必要がありトイレなどに行くたびに、包皮から亀頭を露出させておくようにしておかなければいけません。

しかしこの方法は軽度の仮性包茎にしか効果が無く、この方法で治らない場合には手術を受ける必要があります。

仮性包茎の手術にも2種類の方法があり余分な皮をメスで取り除く方法と包皮を切り取らない方法があります。

手術後の痛みや見た目が元通りになるまでの期間を考えれば包皮を切り取らないタイプのほうが良いのですがこの方法は重度の仮性包茎には効果が無いのでこの方法で治せない場合は余分な皮を取り除く手術することになります。

余分な皮を取り除いてしまえば確実に仮性包茎を治すことが出来るので医師と相談の上、自分がどの程度の症状なのかよく話し合って手術方法を決める必要があります。

 

タグ :     

包茎を治す

包茎手術は入院しなくてはいけない?

包茎手術といえども、手術は手術。

入院・通院は必要か? そう疑問に思われているかたが多いかと思います。

 そこで、実体験を元に説明したいと思います。

 まず、入院は必要ありません。

 包茎手術自体が局部的な外科手術ですので、内臓系の手術に比較すると簡素な施術となります。

 麻酔は局部麻酔を使います。

 包茎手術そのものの痛みはありません。

例えれば、歯科医院で麻酔注射をうって、抜歯を行うのと、感覚的には同じような処置感覚です。

 施術後は縫合と包帯で傷口を保護して処置は完了します。

 処理が終われば、当日中に帰宅が可能です。

 傷口は一週間程度でふさがりますが、それまでは自宅で患部に一日一回から二回程度の消毒をします。

 傷口が開いたりバイ菌などの影響がでない限り、自宅で養生するだけで問題はありませんので、特に通院することもありません。

 おそらく想像されているよりはかなり簡単にケアができるのが包茎手術と考える事ができます。

 

タグ :     

包茎を治す

包茎の深い悩み

多くの男性が包茎の悩みを持っています。

多くの男性がコンプレックスを抱く包茎は、大変多くの患者さんが存在しています。

病院へ行きたくても行く勇気がない方や、恥ずかしいという気持ちで行きたくないと思われる方も多く、包茎の深刻な悩みを抱えながら悶々とした日々を送っている現状です。

しかしそのままの状態にしておいても、自然に治るものではありません。

包茎は、病院へ行き、適切な診察を受け、場合によっては手術が行われています。

最新の手術はメスの跡が残らない方法で、短時間で済まされます。

悩みを抱いていた日が嘘のように簡単に行われる包茎の手術は、痛みも軽いことで多くの男性の方が手術に臨んでいます。

包茎は、早い内に対処することで、長年の悩みから解放できます。

 

タグ :     

包茎を治す

包茎手術を行う際の手順

包茎手術を行う際の手順について解説をしていきます。

通常は、すぐに包茎手術をするのではなく、いくつかの順序の沿って行います。

まず、前処理として、陰茎部を剃毛をしてから消毒をします。

次に、勃起時の余剰包皮の長さを測定するために皮の引き伸ばしたりして、勃起時の皮膚の長さを想定して測定します。

それらが終了すると、麻酔を注入します。

位置としては根元の神経束に行われます。

麻酔が効いていることを確認したのちに、手術を開始します。

測定した余剰包皮を切除しますが、出血がある場合には止血も行われ、縫合し手術は終了です。

その際には麻酔が効いていますので痛みなどは通常はありません。

そして、包茎手術後には材質が薄い特殊な包帯を巻くことになります。

それによって、手術をしたことが周囲から分かりにくくなります。

 

タグ :     

包茎を治す

包茎手術の料金

包茎手術の値段は、包茎の種類や病院によっても異なります。

真性包茎やカントン包茎など通常の生活に支障がでると判断される包茎は、泌尿器科で3割負担で手術を受けることができます。

そのため、自己負担1万円から3万円程度で包茎手術を受けることができます。

ただし、泌尿器科では、包茎でない状態を目指すだけのため、縫合部がケロイド状になったり、傷跡が目立つ場合があります。

美容外科や包茎専門のクリニックなどは、自由診療となるため、真性包茎やカントン包茎でも保険が適用されず、全額自己負担となります。

そのため、10万円から20万円が相場とされています。

その代わり、手術したことが目立たないように傷跡を綺麗に隠してくれたりと見た目にもこだわります。

 

タグ :     

包茎を治す

ツートンカラーにならない包茎手術

昔から一般的に行われてきた包茎手術の術式の一つに環状切開法という術式があります。

これは、ある種の器具を使用して包皮を切開する方法なので、技術が未熟な医師でも行うことができる手術法です。

ただし、術後にペニスがツートンカラーになってしまう可能性が高いため、最近ではあまり行われなくなってきています。

いくら包茎を治療することができたとしても、ペニスがツートンカラーになっていると、見た目が非常に悪くなってしまいます。

そのため、ここ数年は、亀頭直下埋没法や根部切開法などの術式が包茎手術の主流になりつつあります。

ただし、高い技術力やセンスが要求される術式なので、田舎にある昔ながらの泌尿器科クリニックなどでは採用していない可能性があります。

ですので、ツートンカラーになりたくないのであれば、まず最初に術式を確認してみる必要があります。

 

タグ :     

包茎を治す

包茎手術の麻酔の方法

男性の身体の一番デリケートな部分を切開する包茎手術ですが、痛みなどがないかとても気にする人が多いです。

包茎手術で行われる麻酔は三種類あり、その包茎の種類や程度によって違ってきます。

①表面麻酔皮膚の表面に何らかの薬を塗ったりする方法です。

炭酸ガスなどを用いて一時的に皮膚の感覚を鈍くして行う方法や、皮膚の感覚を鈍くする薬が塗ってあるシールを貼り付けて表面を麻痺させる方法がありますが、痛みを感じることが多く、補助的に使われ、次に記述する部分麻酔と併用される場合が多いです。

②部分麻酔もっとも多く行われる方法です。

薬を皮膚の下の組織に注入したり、陰茎根部の神経束に薬を注入します。

③静脈麻酔静脈から点滴で睡眠誘導薬や向精神薬を落とし、無意識や眠った状態にして手術を施します。

痛みや不安が強い方に使われる方法です。

 

タグ :     

包茎を治す

包茎手術に健康保険は使えるか?

包茎手術に保険は適用されますか。

「包茎」には大きく分けて「真性包茎」と「仮性包茎」の2種類があります。

前者は、ペニスの亀頭を包皮が完全に覆っており、勃起しても、自分で剥いても包皮が剥けない状態のことです。

これに対して後者は、勃起すれば自動的に、或いは自分で包皮を剥ける状態のことを言います。

「包茎」は包茎手術をすることで改善させることが出来ます。

しかし、「包茎」でも性行為は出来ますし、子供も作れるため「病気」とはみなされず、保険適用で手術を受けることは困難です。

(仮性包茎では保険適用はされません。

)仮に保険適用で手術を受けるとしても、それは泌尿器科での手術となります。

ここでの手術は単に「包茎」の状態でなくすだけであって、仕上がりが美しくはならないのが一般的です。

手術を受けたことが分からないくらいの自然な仕上がりを求めるなら、保険適用されない美容外科に行かなければなりません。

 

タグ :     

包茎を治す

真性包茎とは?

真性包茎とはどのような状態なのか。

包茎には、仮性包茎と真性包茎があります。

仮性包茎とは、包皮が長いために陰茎が勃起していない時には亀頭が包皮に覆われている状態で、勃起することにより亀頭が露出するのです。

一方で、真性包茎とはどのような状態なのかというと、真性包茎の場合は仮性包茎と違い陰茎が勃起しても亀頭が露出することがないのです。

ですから、包皮の中に恥垢がたまった状態になりやすく衛生的であるとは言えないのです。

また、真性包茎では早漏になりやすい傾向があり、できれば早いうちに治療しておいた方が良いのです。

真性包茎の治療法とは、矯正器具による治療と、手術による治療があります。

矯正器具による治療では完治できない場合もありますから、手術する方が確実と言えます。

 

タグ :     

包茎を治す

包茎手術は彼女にバレる?

包茎手術の痕が残ってバレる?のでは無いのかを説明します。



包茎手術をした場合に気になる点として手術痕が残ってバレる?といったことが無いのかということを説明します。

包茎手術は昔のメスを用いて行う方法では無く痕かたが残らないレザーメスでの手術で行います。

その為綺麗な仕上がりとなり手術痕がわからない程です。

術後は若干の痕は残っておりますが、それは自然に消えていき数ヵ月後には綺麗に完治します。

その為バレないのが特徴であります。

昔は通常のメスを用いて行う為に痕が残っている方が多くいました。

その為包茎手術をしていることが他人にわかる程の痕があり程のものでありました。

現在はそのようなこともなく恥ずかしいことが一切なく友人や知人との銭湯や女性との接触にもバレない程のものになっております。

 

タグ :     

包茎を治す

●Unlimited Template「THE WORLD(ザ・ワールド)」